亀山神楽団
Top > 保持演目 > 子持山姥
(新舞) 子 持 山 姥
あらすじ
 都に仕える北面の武士、坂田時行の妻、八重桐は夫と死別して都を追われ、一子怪童丸と共に信州明野山に住み、世を呪い人を恨み山姥と化し盗賊に成り下がっていた。東国の兇賊討伐の勅命を受けた源頼光は家臣、渡辺綱と共に東国に向かう途中、明野山に差し掛かり日暮れもともない山姥の住処とも知らず一夜の宿を求める。
 山姥、怪童丸は頼光の寝静まるのを待って切りかかるが、頼光、綱の武勇には、かなわず山姥は我が子を置いて立ち去ろうとするが去ることも出来ず我が身の上を明かし、一命に代えて怪童丸の助命を願う。頼光は母子の命を助け、怪童丸は名を坂田金時と改め、頼光の家臣となる物語。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan