亀山神楽団
Top > 保持演目 > 八岐大蛇
(旧舞) 八 岐 大 蛇
あらすじ
 天照大神の弟、須佐之男命が高天原から出雲の国に降り、簸の川上に至ると足名椎、手名椎と言う老夫婦が姫を中に、嘆き悲しんでいた。命が、その訳を聞くと「八人いた姫が八岐の大蛇に次々と奪われ、唯一人残ったこの姫も捕られる時期が来た」と事の次第を話し、最後の姫、奇稲田姫と共に助けを求めた。命は、足名椎、手名椎に姫を命に捧げる事を約束させ、大蛇を退治することを誓う。命は、大蛇の好む酒を造らせ、大蛇の出現を待った。やがて、たなびく群雲に乗って現れた大蛇に酒を呑ませ、酔いしれた大蛇を見事、退治し奇稲田姫と結ばれるという古事記の物語を神楽にしたものである。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan