亀山神楽団
Top > 保持演目 > 滝夜叉姫
(新舞) 滝 夜 叉 姫
あらすじ
 天慶の乱で、藤原秀郷、平貞盛により、あえなき最後をとげた平将門の娘、五月姫が父の仇を討たんぞと貴船の社に願をかけ、その満願の日貴船の神より妖術をさずかり、名を滝夜叉姫と改め下総の国に帰り、多くの手下を従え、近郷を荒らしていた。このことが朝廷に聞こえ、勅命を受けた大宅中将光圀が下総の国に向かい、めでたく滝夜叉姫一党を成敗する物語。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan