亀山神楽団
Top > 保持演目 > 羅生門
(新舞) 羅 生 門
あらすじ
 羅生門は戻り橋辺りに夜な夜な現れ庶民を苦しめていた茨城童子は、渡辺綱の武勇により左の腕を切り取られた。都は一時、平安を取り戻した。
しかし、酒呑童子は子分可愛さの念にひかされ、旅の老婆に姿を変え綱の乳母、白妙を取り食らい、白妙になりすまして左の腕を取り戻し渡辺綱へと襲いかかる。
源頼光は四天王の一人、坂田金時を連れて加勢するも酒呑童子、茨城童子は、虚空飛天の妖術で大江山へと逃げ去る物語。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan