亀山神楽団
Top > 保持演目 > 紅葉狩
(新舞) 紅 葉 狩
あらすじ
 平維茂は、秋の山、奥山の深い戸隠山に紅葉を眺めながら鹿狩りを楽しんでいたが、奥山で道に迷い里に下りようとすると美女達の酒宴に出会い、巧言と怪しい色香にまどわされ、酒宴の席に引き入れられる。やがて主従は酒に酔い伏してしまう。美女達は鬼女の本能を表して、酔い伏した平維茂と清原成時を取り喰わんとする。
時に日頃より信仰する八幡大菩薩が現れ、この美女達は戸隠山の鬼女であることを告げ神剣を授ける。
神剣を授かった平維茂と清原成時は見事、鬼女を退治する物語。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan