亀山神楽団
Top > 保持演目 > 葛城山
(新舞) 葛 城 山
あらすじ
 大和の国、葛城山に住み着き天下を、かく乱させようと狙っている土蜘蛛の精魂が、頼光の侍女、胡蝶を取り喰らい、典薬の神の秘薬と偽り病気の源頼光に毒薬を盛って差し出し、ついに念願を果たしたとばかりに襲い掛かるが、逆に頼光に伝家の宝刀(膝丸の剣)で一太刀浴びせられ、正体も見破られて葛城山へと逃げ帰る。
頼光は我が身を救った宝刀、膝丸の剣を「蜘蛛切丸」と改め、四天王の一人、渡辺綱に授け土蜘蛛征伐の為、葛城山へと向かわす。四天王は、土蜘蛛の妖術を蜘蛛切丸で切り払い、激戦の末土蜘蛛を退治するという物語。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan