亀山神楽団
Top > 保持演目 > 安珍清姫
(新舞) 安珍清姫
あらすじ
 延長6年(928)、熊野権現へ参詣に来た修験者『安珍』が、紀伊の国牟婁群眞砂の庄屋の家に一泊させてもらうことになりました。その時、この庄屋の娘『清姫』が安珍に一目惚れしてしまいます。夜半、清姫は安珍の寝床をたずね、積極的に自分の恋心を打ち明けました。しかし安珍は、「今は修行中の身。帰りにもう一度ここに寄るので、それまで待っていて欲しい。」と、断ってしまいます。帰路にまた立ち寄ることを約束された清姫は、来る日も来る日も安珍を待ち続けました。しかし、いつになっても安珍は姿を見せません。不審に思った清姫が熊野詣帰りの人に安珍の事を尋ねたところ、「別の道を帰るのを見た」とのこと。それを知った清姫は自分がだまされたことを知り、憤怒の形相で安珍を追いかけます。髪を振り乱しながら裸足で安珍を追う清姫。やがて日高川の岸辺へたどり着きますが、安珍への恋心はもはや執念となり、清姫の姿は大蛇に変わってしまいました。大蛇になって日高川を渡る清姫を見て、安珍は道成寺という寺へ逃げ込みました。僧たちに懇願し鐘の中に身を隠しましたが、時すでに遅し。大蛇は鐘に巻きつき、炎を吐いて鐘もろとも安珍を焼き尽くしてしまったのです。その後、清姫は蛇体のまま入水して安珍の後を追う、という物語で『大日本国法華験記』や『今昔物語集』が原話と言われています。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan