亀山神楽団
Top > 保持演目 > 悪狐伝
(新舞) 悪 狐 伝
あらすじ
 インド・中国と世界をまたにかけ、世の民を惑わせ続けた金毛百面九尾の狐は、鳥羽院の時代に、とうとう日本に上陸してきた。この悪狐は玉藻前という女性に化けて宮中に入り込み、天皇の寵愛を一身に受けたが、陰陽師安部清明に正体を明かされて、下野の国、那須野ケ原まで逃げてきた。
ふたたび玉藻前に化けた狐は、この地のお寺に宿を求める。
珍斎和尚は快く迎え入れ、もてなしの味噌を擂り始めるのだが、正体をあらわした悪狐に食われてしまう。
しかし、悪狐退治の命を受けた三浦之介、上総之介という弓の名手によって、悪狐もついに射止められてしまう物語。
広島市安佐北区の神楽団 亀山神楽団
All Rights Reserved, Copyright (C) 2007 Kameyama Kagura Dan